廃サイド

不定期で更新中です~今にここが廃墟になりそうです・・・・

スポンサーサイト

Posted by Kagetora on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

S老人憩の家

Posted by Kagetora on   0 comments   0 trackback


廃色melancholyの管理人キョンさんと共に訪れた廃墟
無事残っているのか心配でしたが、一応?無事でした^^;

09-2.jpg
ここを初めて知ったのは今や伝説となったサイト「廃らんど」に紹介されていたのを見たものでした
廃らんどは現在では掲載数が少なくなってしまっていますが、昔はたくさんの素晴らしい廃墟を見せてくれていたホームページでした
物々しい鉄の扉を抜けて内部へ進みます
09-3.jpg
緑に包まれた道を進みます
建物はまだ残っているのか?
09-4.jpg
あった!
これだ~これですよ~
09-5.jpg
入り口付近に散乱する残留物達
09-6.jpg
2階の外廊下は・・・ちょっと踏むのに躊躇します
いや、やめておくべき
09-7.jpg
いきなり2階へ入れる構造です
ここの床はコンクリート製なのでしっかりしています
09-8.jpg
入って右側の広い部屋
宴会場だったのでしょうか
09-9.jpg
屋根に穴が開いています
これでは木造部分は長く持ちますまい;;
09-10.jpg
天井が落ちたおかげで木の柱が美しく見えます
09-11.jpg
しかしまあ、どういう構造だったのでしょうね
09-12.jpg
秘密きち
これだ!これが見たかったんだ
にしても木材が綺麗に見えるのは何故?
09-13.jpg
雨の浸食により床が落ちています
もう少し早く来れていれば・・・
09-14.jpg
天井には大穴
照明器具ががんばっています
09-15.jpg
こういうのを見ると凝った造りの部屋だったのでしょうか
09-16.jpg
どっちに避難すれば!?
09-17.jpg
ここに食事が並べられて各自持って行ったとかですかね
09-18.jpg
1階の風呂場です
そこそこ広めかな
09-19.jpg
脇には!!
キャー((((゜Д゜;))))こういうのを刺激してはいけません
大怪我したくなかったらね
なんか置き方に人為的なものを感じますが・・・
09-20.jpg
ボイラー
これで湯を沸かしていたようですね
燃料タンク、ポンプ等もありました
09-21.jpg
郵便受けが転がっていました
特に何も入っていませんでしたね
09-22.jpg
危険な鉄製屋外階段
踏み板は錆びて脆くなっていました

廃らんどで見ていただけの物件を実際に見る事が出来て感動でした
ただ雨漏りによる崩壊が激しく旬は過ぎてしまった感がありますね
あと何年もつのだろう


にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ
にほんブログ村
長々とありがとうございました
気が向けばポチっと押してやって下さいm(_ _)m
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://highsidev3.blog.fc2.com/tb.php/52-42125e06
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。